• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 959
  • 公開日時 : 2014/08/25 17:01
  • 更新日時 : 2019/01/23 15:50
  • 印刷

効率よく使用するためには、どうすればいいですか?

回答

自動運転
「のどバリア」機能により体感湿度を感知し、のどにやさしい快適湿度にコントロールします。
(※「体感湿度」は象印が作った造語です。)
 
~こんな時におすすめ~
・「標準」(体感湿度60%)=冬などの乾燥が気になる時期にのどを乾燥からしっかりバリア。
・「ひかえめ」(体感湿度50%)=秋口やおやすみ時におすすめのおだやか加湿。
※体感湿度の値は、湿度計の表示とは異なる場合があります。
 
連続運転
お部屋の湿度に関係なく加湿を続けます。
加湿量が選択できるので、用途に適した連続加湿ができます。
 
 ~こんな時におすすめ~
・「強」=風邪をひいているとき、高湿度を保ちたいとき
・「中」=電気代を節約して長時間運転したいとき
・「弱」=静かに運転したいとき

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます