• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ワンポイントアドバイス 』 内のFAQ

9件中 1 - 9 件を表示

1 / 1ページ
  • 焼き上がったパンはすぐに取り出す。

    ●必ずミトンなどを使って取り出し、脚つきアミの上に置いてあら熱を取ってください。  すぐに取り出さないと側面がへこんだり、皮が厚くなったり、焼き色が濃くなることがあります。 ●焼きあがり直後は切りにくいため、あら熱を取ってから切ってください。 詳細表示

    • No:2664
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • パン生地の保存のしかた。

    生地を冷凍保存するときは、成形・発酵後パットに並べ、ラップをかけて冷凍してからビニール袋に入れます。 焼くときは30~35℃で解凍し、溶き卵を塗って焼きます。 (冷凍するとふくらみが悪くなります。) 詳細表示

    • No:2661
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • 季節や室温によって水温を調整する。

    ●夏場など室温が高く(25℃以上)、ふくらみすぎたり、中央がくぼんだパンになる場合は、水温を5℃程度に  してください。(冷蔵庫で冷やした水をお使いください。) ●冬場など室温が低く(10℃以下)、パンのふくらみが悪い場合は、水温を20℃程度にしてください。 詳細表示

    • No:2663
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • パンをおいしく保存する方法。

    焼きたてパンのおいしさが保持できるのは食パンで1~2時間、フランスパンでも3時間以内とされています。 これ以上時間がたってしまうと、香りがなくなり、水分が抜けてパサパサした状態になります。 しばらく置いてから食べる時は、ビニール袋などにいれて、乾燥を防いでください。 冷凍保存するときはスライスして、1枚... 詳細表示

    • No:2660
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • あまったピザ生地の保存のしかた。

    ピザ生地を冷凍保存するときは、伸ばした生地をラップで包んで冷凍します。 焼くときは凍った状態でトッピングの具をのせます。 詳細表示

    • No:2662
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • 材料は新鮮なものを。

    ●材料は製造年月日の新しいものを選んで使用してください。 ●イースト(酵母)は生き物です。  開封後は必ず密閉して冷蔵庫で保存し、できるだけ早く使い切りましょう。 ●小麦粉は湿気をきらい、においが移りやすい材料です。  開封後は密閉して保存し、できるだけ早く使うようにしましょう。 詳細表示

    • No:2656
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • 材料の計量は正確に。

    ●粉類は重さで計るため、必ずはかりを使用してください。  (付属の計量カップは液体専用のため、粉類は計らないでください。) ●材料を計るときはデジタルスケール(電子はかり 0.1g単位)の使用をおすすめします。 ●付属の計量スプーンで計るときは、すりきりで計ってください。  押しつけたりすると正確に計れま... 詳細表示

    • No:2657
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • 手軽なパンづくり(パンミックス)。

    1回分ごとの分量にパックした食パン用パンミックスを使うと計量の手間が省けてパン作りがグンと手軽になり ます。 パンミックスは弊社ホームページからもご購入いただけます。 ご購入はこちらへ 詳細表示

    • No:2659
    • 公開日時:2014/10/28 11:48
  • パンやケーキに入れる具(材料)について。

    種のあるドライフルーツ類は種を取ってください。 ナッツ類(くるみ・カシューナッツなど)は5mm角に刻んでください。 かたく大きなものはパンケース・ハネのフッ素被膜を傷つけることがあります。 腐敗しやすい材料(ベーコンなど)を入れる場合はタイマー予約は使わないでください。 詳細表示

    • No:2658
    • 公開日時:2014/10/28 11:48

9件中 1 - 9 件を表示