• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ワンポイントアドバイス 』 内のFAQ

7件中 1 - 7 件を表示

1 / 1ページ
  • オーブントースターの設置場所とご注意。

    ・とびらの上、本体の上に調理物などをのせないでください。 ・周囲の可燃物から以下の隔離距離を保つようにして使用してください。  (可燃物が木製の壁・家具などの場合)  火災の恐れがあります。  ※前方及び左右側方のどちらか一方は30cm以上開放してください。   (壁に近づけない、障害物などを置かな... 詳細表示

    • No:504
    • 公開日時:2014/08/08 13:39
  • オーブントースターで肉・魚など油の出るものを焼く場合。

    ・油が飛び散らないように必ずアルミホイルに包み、トレー(受皿)にのせて調理します。 ※アルミホイル・トレー(受皿)を使用しないと、調理物の油が落ちたり、はねて発火する原因になります。 ※再加熱の場合  とんかつ・コロッケ・天ぷらなどの料理を温めなおすときも、油が飛び散らないようにアルミホイルに包... 詳細表示

    • No:510
    • 公開日時:2014/08/08 13:39
    • 更新日時:2017/05/16 08:51
  • オーブントースターでピザを焼く場合。

    具がこぼれる恐れがあるのでトレー(受皿)をご使用ください。 ※トレー(受皿)にアルミホイルを敷くと汚れにくくなります。 詳細表示

    • No:507
    • 公開日時:2014/08/08 13:39
    • 更新日時:2017/05/16 08:54
  • オーブントースターで市販の冷凍食品を焼く場合。

    市販の冷凍食品は、必ず「オーブントースター」用を使用し、取扱説明書の「調理時間の目安」を参考にして ください。 ※食品の種類や大きさによっては、温度調節器(サーモスタット)がはたらき、取扱説明書に記載の調理時間   より長くかかることがあります。 ※調理物の表面の霜を取り除くと、焼きムラが少な... 詳細表示

    • No:509
    • 公開日時:2014/08/08 13:39
  • オーブントースターでパンを焼く場合。

    ・焼きむらができないよう、1枚の場合は中央に、2枚の場合は均等に並べてパンを焼いてください。 ・厚切りパンは上面が焦げやすく、薄切りパンは全体的に焦げやすくなるのでどちらも調理時間を短めにして  ください。  ※サンドイッチ用薄切りパンのトーストは焦げやすく、場合によっては燃えることがあるの... 詳細表示

    • No:505
    • 公開日時:2014/08/08 13:39
  • オーブントースターでもちを焼く場合。

    ・つきたてのもちや自家製のもちは、焼け具合を見ながら焼いてください。 パックもちの載せ方 ※機種によってのせるもちの個数は異なります。 庫内が狭い場合はもちを減らしてください。 ※つきたてのもちは形がくずれやすいため、トレー(受皿)をご使用ください。 トレー(受皿)にアルミホイルを  敷く... 詳細表示

    • No:508
    • 公開日時:2014/08/08 13:39
    • 更新日時:2017/05/16 08:55
  • オーブントースターでパンを焼く場合。(キャラクター付き)

    ・キャラクターの焼き型プレートがパンの中央にくるように置いてください。  パンの焼き色が淡い時はキャラクターの焼き色がつきにくくなります。 その場合は、焼き時間をのばして  ください。  焼き時間をのばすときに、パンの上にアルミホイルをかぶせて裏面だけ焼けるようにすると、表面が焦げ  にくくなります。 ... 詳細表示

    • No:506
    • 公開日時:2014/08/08 13:39

7件中 1 - 7 件を表示