• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 加湿器 』 内のFAQ

49件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • 加湿器(スチーム式)でクエン酸洗浄のお手入れ方法を教えてください。

    泡立ち・ふきこぼれ防止のため、弊社のポット内容器洗浄用クエン酸「ピカポット」をお使いください。 ご購入はこちらへ 【クエン酸洗浄方法】 ①コップにクエン酸30gを入れてぬるま湯で溶かし、内容器に水といっしょに満水表示(△ここまで)まで入れる。(満水表示をこえない) ②上ぶたを閉め、プラグを... 詳細表示

    • No:6844
    • 公開日時:2019/04/08 00:00
    • 更新日時:2019/04/10 14:26
    • カテゴリー: お手入れ
  • 丸洗いしたら、加湿器が通電しなくなった。(電源が入らない。)

    本体外側や底部が水にぬれると、故障の原因になります。 本体を丸洗いするなど、内部に水が浸入するとショートし、通電しなくなります。また、感電の恐れがあります。 直ちに使用を中止し、お買い上げの販売店または弊社のお客様ご相談窓口までご連絡ください。 修理料金の目安はこちら 詳細表示

  • 内容器にさび状の斑点やざらざらしたものが付着する。

    湯の中に膜状のものが浮遊したり、さび状の斑点(もらいさび)やざらざらしたものが内容器の内面に付着する ことがあります。 これらは、水の成分(ミネラル分、金属イオンなど)によるもので、内容器自体の変色や腐食ではありません。 衛生上問題はありませんが、湯わかし音が大きくなったり、蒸気がにおったりしますの... 詳細表示

  • 加湿器の内容器のフッ素被膜がはがれてきた。

    内容器のフッ素被膜は、使用に伴い、消耗します。 色ムラができたり、はがれることがありますが、内容器のフッ素は、食品衛生法に適合したものを、使用しており、衛生上の支障はなく、口に入っても害はありません。 ただし、フッ素被膜がはがれると汚れがつきやすくなったり、腐食が発生しやすくなるため、修理(有料)をおすすめし... 詳細表示

    • No:6829
    • 公開日時:2019/03/04 00:00
    • 更新日時:2019/03/05 10:02
    • カテゴリー: 外観・内容器
  • スチーム式加湿器の内容器が変色し、汚れてきた。

    内容器に白い浮遊物がお湯の中に浮いていたり、サビ状の斑点(もらいさび)やざらざらしたものが内容器の 内面に付着することがあります。 これらは、水の成分(ミネラル分、金属イオンなど)によるもので、内容器自体の変色や腐食ではありません。 衛生上問題はありませんが、湯わかし音が大きくな... 詳細表示

  • スチーム式加湿器の電気代を教えてください。

    スチーム式加湿器の電気代は、機種やサイズにより異なります。 EE-R型の加湿器では、以下の通りです。   35サイズ:強運転で1時間当たり 約 8円(税込)    50サイズ:強運転で1時間当たり 約11円(税込)                        (当社基準による測定)  ... 詳細表示

    • No:4600
    • 公開日時:2016/08/01 13:54
    • 更新日時:2020/05/11 14:26
    • カテゴリー: 機能・商品情報
  • 電源コードがほしい。

    加湿器用電源コードを販売しております。 ご購入はこちらへ 詳細表示

  • 加湿器の蒸気が出ません。

    原因として以下のことが、考えられます。 ・水がまだ、沸いていない可能性があります。  蒸気が出るまでの時間(目安)  (例)EE-R型  35サイズ:約20分           50サイズ:約25分   (通常モード、満水、水温20℃、室温20℃)  ※お急ぎの場合は、ぬるま湯(... 詳細表示

    • No:6706
    • 公開日時:2019/01/15 13:54
    • 更新日時:2020/05/11 14:22
    • カテゴリー: 蒸気・湿度
  • お手入れ方法を教えてください。

    ●クエン酸でお手入れしてください。 ●内容器に白い浮遊物がお湯の中に浮いていたり、サビ状の斑点(もらいさび)やざらざらしたものが内容器の  内面に付着することがあります。  これらは、水の成分(ミネラル分、金属イオンなど)によるもので、内容器自体の変色や腐食ではありません。  衛生上問題は... 詳細表示

    • No:945
    • 公開日時:2014/08/25 16:52
    • 更新日時:2020/05/11 14:31
    • カテゴリー: お手入れ
  • 長期保管する前は、どうすればいいですか?

    長期間利用しないときは、ピカポット(クエン酸)でお手入れをし、内容器を十分に乾燥させ、ポリ袋などに入れて密封し保管してください。 水分が残っているまま長期保管すると、水が腐ってしまい、次に使うときお湯ににおいが付いてしまいます。 ※内容器を乾燥させる場合、本体を逆さにしないでください。  (内部... 詳細表示

    • No:947
    • 公開日時:2014/08/25 16:52
    • 更新日時:2020/05/08 15:13
    • カテゴリー: お手入れ

49件中 1 - 10 件を表示