• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2491
  • 公開日時 : 2014/09/12 16:23
  • 更新日時 : 2019/08/02 16:53
  • 印刷

ホットプレートの遮熱板の表面が変色しました。このまま使用できますか?

カテゴリー : 

回答

遮熱板の表面が変色した状態では、使用しないでください。
遮熱板が変色すると遮熱効果が十分に発揮できなくなり、本体ガードが変形したり、設置面(テーブルなど)の温度が上がり、設置面(テーブルなど)を傷める恐れがあります。
 
遮熱板の一例
 ヒーターセットと遮熱板が一体の製品(EA-DC10型)
 
 
 ヒーターセットと遮熱板がはずせる製品(EA-JB20型)
 
遮熱板の表面が変色した場合はお買い上げの販売店、または弊社のお客様ご相談窓口までご連絡をいただき、修理(有料)してください。
 
遮熱板が変色する原因として以下のことが考えられます。
①お手入れ不足による汚れ
②お手入れ時に遮熱板を水洗い(丸洗い)したことによる遮熱板表面のサビ
③お手入れ時に遮熱板に金属製のたわしなどを使用したことによるメッキのはがれやサビ
お手入れ方法を参考に、遮熱板のお手入れをしてください。
また、遮熱板が変色していなくても、汚れたままご使用されると遮熱板の遮熱効果がなくなるため、本体ガードが変形したり、設置面(テーブルなど)の温度が上がり、設置面(テーブルなど)を傷めることがあります。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます