• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4001
  • 公開日時 : 2015/02/25 14:21
  • 印刷

精米後の炊飯。(無洗米精米の場合)

回答

精米した米は、精米前よりやや量が減ります(白米の場合約1割程度)ので、炊飯の際は必ず計量カップで計り直してください。
             
 
●炊き方
米つぶが小さいため、普通の計量カップで計ると、通常の米より量が多くなりますので、次のようにしてください。
1. 無洗米の計量は、普通の米よりやや少なめ(1カップ当たり小さじ1杯〈約3g〉程度少なめ)にします。
2. 水を入れてから軽くかき混ぜる。
3. 水は、水位目盛どおりに合わせる。
 
●コツ
無洗米と水を入れた後、ひと粒ひと粒が水になじむように、やさしくかき混ぜてください。
このとき水が白くにごるのは、米のデンプン質によるもので、米ぬかではありません。
にごりが強い場合は、焦げの原因となります。焦げが気になる場合は、さらにもう一度、水を入れかえてすすいでください。
かき混ぜずに水加減したり、にごりが強いままで炊飯すると、炊き上がりがかたくなったり、焦げがきつくなることがあります。
特に調味料を入れて炊く場合は、なべの底からよくかき混ぜてください。
 
※夏場は水温が高くなります。浸した無洗米の腐敗が早くなりますので、予約時間は8時間までにしてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます