• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 409
  • 公開日時 : 2014/08/07 19:23
  • 更新日時 : 2018/11/07 14:32
  • 印刷

炊飯ジャーでおいしく保温

回答

●なべの中でご飯を保存する場合は、必ず保温機能を使う
 差込みプラグを抜いた状態、または保温を取り消した状態で、なべの中でご飯を保存するといやなにおいの
 原因となります。
 
●ご飯の乾燥、べちゃつき・いやなにおい・変色を防ぐために、このような保温はしない
 ①少量のご飯を長時間保温
 ②取扱説明書に記載されている時間以上の保温
 ③ご飯のつぎたし
 ④冷めたご飯からの保温
 ⑤おかゆ・炊きこみ・おこわなどの具や調味料を加えて炊いたご飯
 ⑥コロッケ・みそ汁などご飯以外のもの
 ⑦しゃもじを入れたまま
 
●少量のご飯はなべの中央に盛る
 保温するご飯の量が少なくなった場合は、乾燥したり、べちゃつきやすくなりますので、なべ中央に盛って保温
 してください。
 
●その他のポイント
 洗米が不十分な場合、残ったぬか成分でご飯がにおいやすくなります。
 おいしいご飯の炊き方を参考に、しっかりと洗米してください。
 また、炊飯直後にご飯をほぐさないまま保温すると、ご飯がかたまったり、べたついたりします。
 炊き上がったらすぐにご飯をほぐしてください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます