• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6182
  • 公開日時 : 2018/09/25 00:00
  • 更新日時 : 2018/10/02 16:48
  • 印刷

フィッシュロースターのお手入れ方法を教えてください。

回答

お手入れは差込みプラグをコンセントから抜き、製品が十分に冷めてから行ってください。
〇お手入れ
・使用後に必ずお手入れをしてください。汚れをそのまま放置しておくと、焼きムラやヒーター損傷、発煙・発火の原因になります。
・異なる調理物を焼く場合はにおい移りすることがありますので、お手入れは念入りに行ってください。
・次のものは使用しないでください。
 台所用中性洗剤以外の洗剤・シンナー・ベンジン・漂白剤など(変色・割れ・劣化・腐食の原因)
 みがき粉・ナイロンたわし・ブラシ・金属製のもの・メラミンスポンジ・スポンジのナイロン面・研磨剤入り洗剤など(表面が傷つく原因)
・化学ぞうきんを使用する場合は、強くふいたり長時間触れさせたりしないでください。(表面が傷ついたり、化学変化を起こす原因)
・食器洗い乾燥機・食器乾燥器は使用しないでください。

<反射板・フロート反射板・焼き網・水受皿・魚取器>
1.台所用中性洗剤を含ませたスポンジで洗う
2.水洗いする
3.乾いた柔らかい布でふく

<ふた(触媒フィルター部含む)>
1.触媒フィルター部以外の部分を台所用中性洗剤を含ませたスポンジで洗う
※触媒フィルター部について
  ・台所用中性洗剤で洗わないでください。
  ・スポンジなどでこすらないでください。(付着することがあります。)
2.ふた(触媒フィルター部含む)を流し洗いする
3.ふたを軽く振り、水分を十分にとる
4.触媒フィルター部以外を乾いた柔らかい布でふく
5.ふた・反射板・水受皿・フロート反射板・焼き網を本体に取りつけて約20分空焼きしたあと、自然冷却する(空焼き時は排気口から蒸気が出ます。)

<本体・ヒーター部>
1.台所用中性洗剤を含ませた柔らかい布で汚れをふき取る
2.水で絞った布でふく
3.乾いた柔らかい布で水分をふき取る
※本体・ヒーター部の丸洗いはしないでください。
 
<コード>
乾いた柔らかい布でふく
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます