• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 620
  • 公開日時 : 2014/08/11 16:54
  • 印刷

電極から火花は飛ぶが、つまみを点火にしても火がつかない。

回答

容器(ボンベ)カバーの上に鉄板をかぶせたり、直射日光の強い場所などで使用して、容器内の圧力が異常に
高くなると圧力感知安全装置が作動して自動的に消火します。
再びご使用の際は、その原因を取り除いた上で、安全装置をリセットしてお使いください。
 
 
危険防止のための3つの機構
1. 圧力感知安全装置
 容器(ボンベ)が加熱され容器内の圧力が異常上昇(0.4~0.6MPa)すると、ガスの通路を自動的に遮断
 してコンロの火を消す機能です。
2. 容器着脱安全機構
 器具栓つまみが<消>になっていないと、容器レバーが動かず、容器(ボンベ)がセットできないようにした
 機構です。
3. 容器誤装着防止機構
 ボンベを正しくセットしないと使用できないようにした機構です。
 (ボンベは容器ガイド凹部をコンロの容器受けガイド凸にあわせてセットします。)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます