• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 995
  • 公開日時 : 2014/08/26 09:21
  • 更新日時 : 2019/07/04 11:13
  • 印刷

ステンレスボトルのお手入れ方法を教えてください。

回答

においや汚れの付着、カビの発生を防ぎ、いつまでも清潔にご使用いただくために、使用後は必ずお手入れをしてください。
分解できる部品は、必ず分解してからお手入れをしてください。
(詳しくは取扱説明書をご覧ください。)
 
本体外側/せんセット/飲み口セット/コップ
1. ぬるま湯で薄めた台所用中性洗剤をスポンジに含ませて洗う。
2. すすぎ洗いのあと、数回振り、水気をふいてよく乾燥させる。
 
●せんセットはパッキンをはずしてから洗ってください。
●洗いにくい部分は市販の小型ブラシなどで洗ってください。
 
本体内側
1. ぬるま湯で薄めた台所用中性洗剤を、柄(え)のついた柔らかいスポンジブラシなどに含ませて洗う。
2. すすぎ洗いのあと、水気をふいてよく乾燥させる。
 
●常にお手入れをしていただきますと、においの付着を防ぎ、清潔に使用していただけます。
 
お手入れ時の注意
●せんセットや本体内側の汚れが落ちにくい場合は、ステンレスボトル用洗浄剤「ピカボトル」をご利用ください。
 部品・消耗品のご購入方法 
●煮沸はしないでください。
 また、食器洗い乾燥機や食器乾燥器などは、使用しないでください。
●塩素系漂白剤は使用しないでください。
 塩素系漂白剤はサビ(本体内側・中せんスプリング)や、穴あき(本体内側)など、故障の原因になります。
 本体外側にも漂白剤を使用しないでください。
 本体の塗装、印刷、シールがはがれる原因になります。
●シンナーやベンジン・金属たわし・研磨材入りたわし・みがき粉・クレンザー・メラミンスポンジなどは使用しないでください。
●丸洗いできる機種でも、つけ洗い(水中に放置)は、しないでください。
●丸洗いできる機種でも、本体を丸洗いしたあとは、必ず水分をふき取るようにしてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます