• No : 925
  • 公開日時 : 2014/08/25 15:48
  • 印刷

煎茶と番茶ではお湯の温度をかえて。

回答

煎茶はお湯の温度によって味わいがかわります。
熱湯で入れると渋味がでやすく、低い温度なら甘味が増します。
 
渋味甘味をバランスよく引き出す温度は約80℃。
お湯は一旦、沸とうさせてから使いたい温度まで冷ますのが基本です。
 
番茶やほうじ茶は熱湯で手早く抽出し、香ばしさをひきだすのがポイントです。